皮膚のターンオーバーを促進し、市場での炭酸製品は、医療、アンチエイジングや乾燥肌のくすみに美容サロン、化粧品の改善を広めるに進み
このような炭酸パック “炭酸”と炭酸泉、炭酸水、炭酸洗顔を利用する機器の数は、 “B-DA”最近、アンチエイジング美容健康と美容関連製品が注目注目です。 そこケース炭酸風呂もあるか、彼らは積極的にこのような水泳やサッカーなどのスポーツの分野では疲労からの回復を促進する二酸化炭素バスを利用していることを、温泉施設やスーパー銭湯にインストールされている。 炭酸自体は、約10年前から存在していたが、炭酸効果は、今日再び脚光を浴び始めている。 このような状況下では、高齢化社会の進展を受信する可能性が成長しているアンチエイジング美しさ、熱、および健康問題の高まり、美容医療の分野においても、将来的に利用されるが大きい。 私は、この論文では市場性と炭酸塩の製品に続いた。
日本における炭酸の使用例は、の褥瘡(褥瘡の傷)患者の治療薬として一部の医師の間で使用されていました。 長期間(褥創)するために起こる冷え性のため体床ずれがより良い血液循環による改善に向けて、原因であり、二酸化炭素を使用するのと同じ姿勢を維持した。 このような治療をドクター複数との間で行われ、また、実際に論文を発表している。 これは、医療分野、並びに二酸化炭素と炭酸水を利用して、例えば関節炎などの他の創傷治療において利用され、(人工炭酸泉浴剤吉敏則と褥瘡創傷治療用0.1989)。 それは、アテローム性動脈硬化症およびドイツのいくつかの地域での心筋梗塞の治療薬として100年以上の保険治療として扱われる二酸化炭素についてです。
二酸化炭素の効果として最も有名なそれは血行促進である。 炭酸水に含まれる二酸化炭素が炭酸塩として皮膚に吸収されるヒト細胞、廃棄物(二酸化炭素)に不要な廃棄され、本体は反対I良好な血流テでそれを放電しようとするキャピラリを拡大した。 ていない容器自体が二酸化炭素の影響により拡散されるため、血圧、より良い高い血流であることにも良い点である。 二酸化炭素による血液中の酸素と二酸化炭素の交換を担当ヘモグロビンが積極的に動きを高めることができ、細胞が活性化される酸素量が増加する。 これで肌のターンオーバーを促進するために、乾燥してくすみが期待されるような皮膚の問題の影響を排除。
炭酸塩の “内側の効果”として上述したように、それは細胞の活性化であり、もう一つのポイントは、 “外向き効果”として、炭酸弱酸性質の収斂作用は無視できない。 皮膚を引き締め作用の収束により、この臭いの発生源である細菌の増殖を阻害する、肌や髪を滑らかにしなければならない効果がある。 それはそのような皮脂汚れや頭皮の毛穴の臭い、加齢臭、ペットとしても効果があると言われています。 それは “バブル”が炭酸されていることを表示されていないことに注意してください。 細かい分子、これらHairikomu皮膚のではなく、毛穴から毛細血管を指します。
また、血流が、体内のNK細胞を強化血管を拡張するか、または不眠症、疲労回復効果の改善につながったように、抗原提示能を正規化することにより免疫を強化することによって改善される、血管拡張効果は、それがよいまた、高血圧や糖尿病の改善のために使用される。
今、市場に流通炭酸関連製品、多くの施設。 しかし、この新聞は最も注目だった企画から設計·開発と炭酸泉発生装置Fujidenoroお得な情報は、 “B-DA”です。
ところで、炭酸ばね発生器に、主に2種類がある。 “メソッドをかけ流し”と “循環”それはです(1パス)。 “循環”のタイプは、内槽にあなたのお湯を蓄積した後、多くの製品は、デバイスの背面には電気でポンプを動かすためにお湯を吸う炭酸泉を浴槽にある世界になってきた。 衝撃への電力供給をしないように固定することも必要と温水のインストール作業を循環させることにより二酸化炭素濃度を高めるために一定の濃度になるように長い時間がかかる。 それは別の(ワンパス) “メソッドを介してシンク”を生成し、ホースをねじっている高濃度の炭酸スプリングための装置である。 私はこのバスタブにシャワーでも使用できます。 あなたは “B-DA”を使用したい場合は、事前に保存する必要がない、我々はこの時間を使えるという利点が集中していないのでのみ使用したいの両方がある。
あなたは “B-DA”を開発しましたFujidenoro、メーカーは精密機械加工と “ものづくり”の樹脂材料の研究開発を行うです。 その他の製造業は、半導体デバイス、機能製品、航空機、エレクトロニクス分野では、医療·健康機器に係る装置の製造と同様に働いている。 特に、このような金融商品の開発を通じて形状や乳癌などの高度ながん治療に欠かせない経営幹部の放射線照射装置を安定させるために、 “我々は我々自身のノウハウを利用して病人のストレスを減らすことができます? ” 私は、条件について会社ヒューマンヘルス部門と思う。 開発チームが重点を置いているので、それがこの “炭酸泉”を使って春の発生装置を炭酸た。 5年、2年 “B-DA”の開発で炭酸泉生成装置を通過した炭酸の使用を想定している。